価格を抑えるポイント

婚約指輪を購入しようとした時に、希望する石の大きさやグレードに対して容易していた費用が足りないという事になってしまった人もいるのではないでしょうか。目安にしていた価格帯に合わせて資金を用意しても、実際に石の大きさやグレードを選択してみたら用意していた費用よりも高くなってしまうという事は少なくありません。そういった時に、少しでも費用を抑えるために知っておきたいいくつかのポイントがあります。

まず最初に考えておきたいのは、ブランドを変えてみるという方法です。指輪のブランドにこだわるのではなく、他のブランドも見てみるようにすると同じグレードのダイヤモンドがより安い値段で購入する事ができる場合もあります。どうしてもこのブランドで無ければいけないというこだわりが無いのでしたら、費用を抑えたい時には3つくらいのブランドを比較してみると良いでしょう。

また、ブランドによってはフェアを行っている場合もありますので、費用を抑えるためにはこういったフェアの情報も考えてみてはどうでしょうか。そして何よりも、婚約指輪購入の費用を抑えるためには余裕を持って注文をする必要があります。婚約指輪は購入したその場で持ち帰れるという事は少なく、サイズ直しなどさまざまな加工をするために時間がかかります。ですからすぐに受け取るようにした場合は仕上げの料金をプラスされてしまう場合もあるので、なるべく余裕を持って注文しておくと良いです。

ダイヤ選びの基準とは

婚約指輪といえばダイヤモンドというイメージは、日本ではいまだに根強く残っており、婚約指輪の石といえばダイヤモンド一択というのが現状です。ですから婚約指輪選びをする時には、どのダイヤモンドを選ぶのかという事が重要となってくるでしょう。ダイヤモンドを選ぶ時の基準はカット、カラー、クラリティ、カラットという4つの基準があり、これによって値段などが決まります。

まずダイヤモンドのカットは5段階にグレードがわかれており、それぞれ研磨した時の仕上げ状態、上下左右が対象かどうかなどによって分けられ、基本的にグレードが高くなるほど高価となります。そしてカラーはダイヤの色合いの事を指し、無色透明であるほどランクが高くなり、無色透明のDから始まり一番低い品質であるZまで23段階のランクで評価されます。しかし色が付いているから必ずしも品質が悪いわけではなく、ピンクダイヤやブルーダイヤなど色が付いているからこそ価値のあるダイヤもあります。

そしてクラリティは不純物や傷の有無を表すランクで、10段階にわけられています。クラリティは最高の物をと考えがちですが、最低ランクでなければ肉眼では傷を確認できない程度となりますので、最低ランクよりも上であればそこまで気にする必要はないでしょう。そして多くの人が知っているカラットは、ダイヤの重さの単位です。1カラットは約0.2グラムとなっており、人気とされているのは0.3カラット以上のダイヤとなっています。

値段の相場を知る

婚約指輪の相場は実は決まっておらず、絶対にこの値段ならば買えるというものではありません。ですがある程度の目安がないと購入する際の予算の計算ができませんし、売り場まで行ったものの予算が足りていなかったという事態になってしまう可能性もあります。絶対的な相場は決まっていませんが、婚約指輪を購入する際に人気のある値段というものは存在します。では、婚約指輪購入の目安となる値段はどのくらいなのでしょうか。

婚約指輪で人気のある価格帯は、だいたい30万円台から60万円台の間とされています。この価格帯が人気である理由としては、最低ラインである30万円台からダイヤモンドの選択肢が増えてくるためで、石の大きさやグレードは婚約指輪でもこだわっておきたい部分です。そういった部分の選択肢が増え、さらに手が出しやすい価格という事でこのあたりの価格帯が人気となっているのです。60万円台になるとさらに選択肢が増えるため、資金に余裕があるという方はこのあたりの価格帯で選んでみてはどうでしょう。相場といってもピンキリです。お店に行く前にインターネットなどを使ってデザインや、気に入った指輪の値段がどのくらいするのかくらいは把握しておくと良いです。

参考サイト|ガラ おかちまち|御徒町・銀座・新宿・横浜元町・大阪のジュエリー・結婚指輪(マリッジリング)・婚約指輪(エンゲージリング)

30万円台から60万円台が人気のある価格帯とはいいましたが、これ以下の価格帯では指輪が買えないという訳ではありません。数万円~20万円で購入できるダイアモンドのついた指輪もあります。こだわりを強くするのであれば、上には上の金額があるというだけです。一生に一度のプロポーズの必須アイテムですから、いくらでも出す!という人もいれば、大事なのはダイアモンドではなくて、その後の二人の生活でしょ?という人もいます。他人の目は気にせず、相手のことだけを考えて、自分のスタイルに合った指輪を渡すことが大事です。

婚約指輪選びの知識

結婚は人生の中でも非常に大きな選択です。そして婚約指輪は、プロポーズには欠かせない物であり求婚する側が相手に対して永遠の愛を誓う証としてプレゼントする指輪です。ですが、これから婚約指輪を購入しようと考えている人の中には、どういった石のついた指輪を購入すればいいのか、値段はどのくらいなのかが分からず悩んでいるという人も多いのではないでしょうか。婚約指輪を選ぶ時には値段やどういった種類の物を購入するのかなど、失敗しないために知っておくべき知識が多くあります。

婚約指輪というとダイヤモンドというイメージを持つ人も多く、現在の日本では婚約指輪といえばダイヤモンドというのが主流になっています。ですから婚約指輪の石を選ぶ場合、ダイヤモンドを選ぶことが何よりも重要となります。そして婚約指輪の相場についてですが給料の三ヵ月分と言われていましたが、給料は人によってそれぞれですので近年では給料三ヵ月分にこだわる必要はそれほど無くなってきており、現在ではそこまで決まった相場は存在していません。しかし、やはり購入する前に目安としてどのくらいの値段の指輪が購入されているという人も多く、だいたいの目安となる値段はあるようです。ただ、あくまで目安でありその時の金・プラチナ相場で金額が変わるので確定した相場は無いと覚えておくと良いでしょう。

当サイトでは婚約指輪選びについて、どのような石にすると良いのか、相場はどのくらいなのかなど失敗しない婚約指輪選びについての情報をいくつか紹介していきます。これからプロポーズを控えており、婚約指輪選びを始めようと考えている方が、失敗しない婚約指輪選びをするための手助けとなれば幸いです。